つもり貯金は一石二鳥

084157.jpgつもり貯金というのは「〜〜したつもり」になって、実際にはお金を使わずにその分の金額を貯金するという方法です。
これは嗜好品を我慢することと相性がよく、ダイエットや健康にも繋がったりするのです。

例えば、ペットボトルのジュースでやったとしましょう。
ペットボトルのジュースは一本150円程度ですので、一ヶ月間毎日飲んだりしますと4,500円かかることになります。
ペットボトルの清涼飲料水は糖分などが多量に含まれていおり、毎日の様に飲んでいますと成人病になってしまう可能性もあります。
そんな方が「つもり貯金」をして、毎日ペットボトル飲料を「飲んだつもり」で貯金したとします。
そうしますと、4,500円〜5,000円のお金が貯まり、さらに健康面にも良好です。
このように、つもり貯金はお金が貯まるだけでなく、自分自身の律することにもなるのです。

つもり貯金と最も相性が良いのはタバコでしょう。
タバコとなりますと、1日1箱吸うような方もいらっしゃいますが、こういった方がつもり貯金をすると非常にいいのです。
タバコは現時点で430円ですので、ペットボトル飲料の約3倍です。本当に高くなりましたよね。
1日1箱吸うような方がつもり貯金を始めれば、一ヶ月で12,900円、一年で15万4,800円となります。
これだけのお金が貯まる上に、タバコを節制することもできます。

つもり貯金をやりますと、貯金をするという名目で出費を抑えたいことを我慢できるようになるのです。
こんな感じで一石二鳥といえますので、ぜひつもり貯金に挑戦してみてください。

更新日: